BLOG

WordPressコピー・右クリック禁止『WP Content Copy Protection & No Right Click』導入&投稿毎に設定する方法

kanri
本記事はこんな方にオススメです
  • WordPressを利用している or 利用予定
  • ホームページのコピーを禁止したい
  • ホームページの右クリックを禁止したい
  • ホームページの印刷を禁止したい

今回の記事は、WordPressで作られたWebサイトが対象です。

Webサイトやブログを運営していて、こんなお悩みはありませんか?

ホームページの文章や写真を無断で使用されてしまわないか心配です…

ブログ記事をコピペされたくありません…

『いやいや、私に限ってそれはない!』と思っている方もいるかもしれませんが、実際、結構被害があるんです。

えりー
えりー

以前、私も運用していたWebサイトの内容を丸パクリされた経験があります…。相手に「訴えます」と言ったらやめてくれましたが、こういう事自体がいちいち面倒ですよね。

WordPressで作られたWebサイトの場合、プラグインを利用することで、簡単にコピーや右クリックを禁止させることができます。今回は、その方法ついて解説したいと思います。

WordPressのプラグインでコピー・右クリックを禁止する方法

WordPressで作られたWebサイトの場合、プラグインを使ってコピー・右クリックを禁止させることができます。

おすすめのプラグインは、『WP Content Copy Protection & No Right Click』です。

ただ、このプラグインは投稿毎の設定が出来ないので、投稿毎に設定を変更したい場合は別のプラグイン(『Plugin load filter』)を追加で導入する必要があります。

その方法についても解説いたします。

WordPressコピー・右クリック禁止プラグイン『WP Content Copy Protection & No Right Click』の導入・設定方法

コピー・右クリック禁止プラグイン『WP Content Copy Protection & No Right Click』の導入・設定方法について解説いたします。

1.[プラグイン]-[新規追加]をクリック

2.「WP Content Copy Protection」と検索

3.[今すぐインストール]-[有効化]をクリック

有効化するだけで、コピー、右クリック、印刷が禁止できます。

4.(必要に応じて)[設定]から[選択無効のメッセージ][印刷プレビューのメッセージ]を変更し、[設定を保存]をクリック

プラグイン一覧の[設定]から詳細設定ができます。

[メイン設定]タブから

  • 選択無効のメッセージ…右クリックしようすると表示されます
  • 印刷プレビューのメッセージ…印刷しようとすると表示されます

を変更できます。

左メニューの[Copy Protection]をクリックしても上記と同じ画面が開きます。

『WP Content Copy Protection & No Right Click』を投稿毎に設定する方法(『Plugin load filter』利用)

『WP Content Copy Protection & No Right Click』は簡単で良いのですが、サイト全体に設定されてしまいます。

投稿毎に設定を分けたい…

という場合は、『Plugin load filter』という別のプラグインを追加で導入する必要があります。

『Plugin load filter』の導入・設定方法について解説します。

1.[プラグイン]-[新規追加]をクリック

2.「Plugin load filter」と検索

3.[今すぐインストール]-[有効化]をクリック

4.左メニューの[Plugin load filter]をクリック

5.『WP Content Copy Protection & No Right Click』の『Page Type』をクリックし、[フィルター登録]をクリック

これで初期設定は完了です!

ここからは投稿を開いて設定を行っていきます。

6.コピー・右クリックを禁止したい投稿を開き、下書き保存した上で、[投稿]タブをクリック

先に下書き保存をしてください。

7.Plugin load filterの[使用する]、DesktopとMobileにチェック、[保存]をクリック

パソコンのみに設定したい場合はDesktopのみにチェック、スマホのみに設定したい場合はMobileのみにチェックしてください。

8.[OK]をクリック

9.[更新]をクリック

投稿を更新して設定完了です!

実際に投稿を表示して、コピーや右クリックが出来なくなっているかを確認してみましょう。

↓右クリックしようとすると、下図のようなアラートが出ます。

まとめ:WordPressサイトならコピー・右クリック禁止は簡単にできる

  • WordPressで作られたWebサイトの場合、プラグインを使ってコピー・右クリックを禁止させることができる
  • おすすめのプラグインは、『WP Content Copy Protection & No Right Click』
  • 投稿毎に設定を変更したい場合は別のプラグイン(『Plugin load filter』)を追加で導入する

上記プラグインはプログラミングや難しい設定は不要で、簡単に導入できるので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

こういった設定も簡単にできるのがWordPressの利点の一つですね。

えりー
えりー

本サイトでも一応導入してみました。

空創デザインオフィスでは、ホームページ制作・リニューアル、WordPress導入、自分でホームページを作りたい方へのサポートなども承っております。

下記ボタンよりお気軽にお問い合わせください!(お見積りは無料です)

ABOUT ME
えりー
えりー
Web・グラフィックデザイナー / ブロガー
2018年よりフリーランスWeb・グラフィックデザイナー 兼 ブロガーとして活動しています。
都内IT系企業にて研鑽を積んだ後、起業しました。
IT・デザイン業界歴は10年以上。
今までに関わらせていただいたクライアント様は300社以上となります。
ブログでは、自身の経験を元に、Web制作のことや、就職・転職に役立つ情報を発信しています。
error: Content is protected !!
記事URLをコピーしました