BLOG

自作WordPressテーマ『front-page.php』の作り方

kanri
本記事はこんな方にオススメです
  • 自作(オリジナル)WordPressテーマを作成したいとお考えの方
  • 自作(オリジナル)WordPressテーマにトップページ(フロントページ)を追加したい方
  • WordPressを利用している or 利用予定 の方
  • Webデザイナーを目指している方

今回は、自作WordPressテーマ作成時に作成する『front-page.php』の作り方について解説します。

front-page.phpとは、WordPressのトップページにあたるファイルです。

事前にトップページを静的(HTML、CSS)にコーディングしておくことをおすすめします。

自作WordPressテーマ作成については、下記記事でまとめてご紹介しています。ぜひあわせてご覧ください!

あわせて読みたい
自作WordPressテーマを作ろう【過去記事まとめ】
自作WordPressテーマを作ろう【過去記事まとめ】

自作WordPressテーマ『front-page.php』の作り方

1.「front-page.php」というファイルを用意し、WordPressのテーマフォルダ内に保存

まずは、front-page.phpというファイルを用意して、WordPressテーマフォルダ内に保存しましょう。

2.ヘッダー(get_header)とフッター(get_footer)を読み込む

1<?php get_header(); ?>
2<!-- ここにコンテンツを記載する -->
3<?php get_footer(); ?>

get_headerとget_footerを使って、ヘッダーとフッターを読み込みましょう。

3.静的にコーディングしたコンテンツを記載

1<?php get_header(); ?>
2<section id="info">
3  <h2 class="ttl">information<span class="jp">お知らせ</span></h2>
4  <ul class="list">
5      <li><a href=""><span class="date">20**/**/**</span>タイトルが入ります</a></li>
6      <li><a href=""><span class="date">20**/**/**</span>タイトルが入ります</a></li>
7      <li><a href=""><span class="date">20**/**/**</span>タイトルが入ります</a></li>
8      <li><a href=""><span class="date">20**/**/**</span>タイトルが入ります</a></li>
9      <li><a href=""><span class="date">20**/**/**</span>タイトルが入ります</a></li>
10    </ul>
11  <p class="more"><a href="/category/information/">お知らせ一覧</a></p>
12</section>
13<?php get_footer(); ?>

いきなりPHPで組むのはちょっと難しいので、まずは、静的にコーディング(HTML、CSS)しましょう。

えりー
えりー

ここでは、例として5件のインフォメーションを表示したいと思います。

4.繰り返し表示するためのコードを記載する

1<section id="info">
2  <h2 class="ttl">information<span class="jp">お知らせ</span></h2>
3  <ul class="list">
4    <?php
5    $arg = array(
6      'posts_per_page' => 5, // 件数
7      'orderby' => 'date', // 'date'で日付でソート、'modified'で更新順でソート
8      'order' => 'DESC', // DESCで最新から表示、ASCで最古から表示
9      'category_name' => 'information' // 表示したいカテゴリーのスラッグを指定
10    );
11    $posts = get_posts( $arg );
12
13    foreach ( $posts as $post ):
14      setup_postdata( $post );
15    ?>
16      <li><a href=""><span class="date">20**/**/**</span>タイトルが入ります</a></li>
17    <?php endforeach; ?>
18  </ul>
19  <p class="more"><a href="/category/information/">お知らせ一覧</a></p>
20</section>

上記4~15行目、17行目をご覧ください。

こちらは、記事(<li>~</li>)を繰り返すための指定です。

上記例は、「投稿日順でソートしたinformationカテゴリーの記事を、最新から5件表示してね」という意味です。

コピペして、6~9行目をカスタマイズしてご使用いただけます。

繰り返しの最後には、必ずendforeachを入れて、繰り返しはここまでと指定する必要があります。

5.リンクと日付を出力する

1<section id="info">
2  <h2 class="ttl">information<span class="jp">お知らせ</span></h2>
3  <ul class="list">
4    <?php
5    $arg = array(
6      'posts_per_page' => 5, // 件数
7      'orderby' => 'date', // 'date'で日付でソート、'modified'で更新順でソート
8      'order' => 'DESC', // DESCで最新から表示、ASCで最古から表示
9      'category_name' => 'information' // 表示したいカテゴリーのスラッグを指定
10    );
11    $posts = get_posts( $arg );
12
13    foreach ( $posts as $post ):
14      setup_postdata( $post );
15    ?>
16    <li><a href="<?php the_permalink(); ?>"><span class="date">
17      <?php the_date('Y/m/d'); ?>
18      </span>
19      タイトルが入ります
20      </a></li>
21    <?php endforeach; ?>
22  </ul>
23  <p class="more"><a href="/category/information/">お知らせ一覧</a></p>
24</section>

次に、<li>~</li>の中身を書いていきましょう。

16~20行目をご覧ください。

リンクは、the_permalink();

日付は、the_date();

で呼び出すことができます。

()の中の記述で出力される形式が変わります。

the_date(); → 2023年5月16日

the_date(‘Y/m/d’); → 2023/05/16

6.タイトルを出力する

1<section id="info">
2  <h2 class="ttl">information<span class="jp">お知らせ</span></h2>
3  <ul class="list">
4    <?php
5    $arg = array(
6      'posts_per_page' => 5, // 件数
7      'orderby' => 'date', // 'date'で日付でソート、'modified'で更新順でソート
8      'order' => 'DESC', // DESCで最新から表示、ASCで最古から表示
9      'category_name' => 'information' // 表示したいカテゴリーのスラッグを指定
10    );
11    $posts = get_posts( $arg );
12
13    foreach ( $posts as $post ):
14      setup_postdata( $post );
15    ?>
16    <li><a href="<?php the_permalink(); ?>"><span class="date">
17      <?php the_date('Y/m/d'); ?>
18      </span>
19      <?php
20      if ( mb_strlen( $post->post_title ) > 40 ) {
21        $title = mb_substr( $post->post_title, 0, 40 );
22        echo $title . "...";
23      } else {
24        echo $post->post_title;
25      }
26      ?>
27      </a></li>
28    <?php endforeach; ?>
29  </ul>
30  <p class="more"><a href="/category/information/">お知らせ一覧</a></p>
31</section>

タイトルの部分を、PHPのコードに差し替えています。(19~26行目)

上記をコピーして、数字(40)の部分を変えれば、どのテーマでも使えます。

上記例は、

「タイトルが41文字以上あったら、40文字まで表示して最後に「…」を表示」「40文字以下だったら、そのまま表示」

という意味です。

単純にタイトル全文を表示したい場合は、下記の1行だけでOK

1<?php the_title(); ?>

最後に:WordPressについてのご相談もお気軽にどうぞ!

空創デザインオフィスでは、ホームページ制作・リニューアル、WordPress導入、自分でホームページを作りたい方、Webデザイナーになりたい方へのサポートなども承っております。

下記ボタンよりお気軽にお問い合わせください!(お見積りは無料です)

あわせて読みたい
自作WordPressテーマを作ろう【過去記事まとめ】
自作WordPressテーマを作ろう【過去記事まとめ】
ABOUT ME
えりー
えりー
Web・グラフィックデザイナー / ブロガー
2018年よりフリーランスWeb・グラフィックデザイナー 兼 ブロガーとして活動しています。
都内IT系企業にて研鑽を積んだ後、起業しました。
IT・デザイン業界歴は10年以上。
今までに関わらせていただいたクライアント様は300社以上となります。
ブログでは、自身の経験を元に、Web制作のことや、就職・転職に役立つ情報を発信しています。
記事URLをコピーしました