BLOG

【第4回】必要なコンテンツを考える(WordPressでホームページを作成する方法)

kanri
本記事はこんな方にオススメです
  • WordPressでホームページを作成したい方
  • 簡単かつなるべく費用をかけず、ホームページを作成したい方
  • 自分でホームページを作成したい方
  • 未経験からWebデザイナーに転職・就職したい方
  • Webデザイナー初心者の方

本特集記事では、WordPressを使って自分でホームページを作成する方法について、順を追って解説していきます。

前回は、目的とターゲットを考えましたよね。

前回の記事はこちら
【第3回】目的とターゲット(WordPressでホームページを作成する方法)
【第3回】目的とターゲット(WordPressでホームページを作成する方法)

今回は、ホームページに必要なコンテンツを考えてみましょう。

STEP1で考えることリスト

□ 目的とターゲットを考える

□ 必要なコンテンツを考える

□ 投稿と固定ページに分ける

□ デザインを考える

□ サイト名を考える

ホームページの「コンテンツ」とは:記載する情報のこと

コンテンツとは、ホームページに記載する情報のことです。

ホームページのコンテンツ例
  • コンセプト
  • サービス
  • 会社概要
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • プライバシーポリシー

コンテンツの文章量や内容によっては、複数のコンテンツを1ページにまとめてしまうこともありますが、基本的に「コンテンツ=ページ」です。

《コンテンツをまとめた場合の例》
会社概要ページの中にアクセスを含める

コンテンツの中身は後から考えるので、ここでは「ホームページに何のコンテンツ(ページ)が必要か」だけを考えてみましょう。

えりー
えりー

詳細よりも全体像から考えることが大切です!

ホームページのコンテンツは最初の段階でなるべく確定させる

コンテンツは最初の段階でなるべく確定させることをおすすめしています。

後からコンテンツを付け足すと、ホームページの構造がぐちゃぐちゃになってしまうことが多いからです。

構造がぐちゃぐちゃだと、ユーザーが迷いやすくなり、結果に結びつきづらいホームページになってしまいます。

実際に、良かれと思って後から何度もコンテンツを付け足したがために、ホームページが複雑になりすぎて、逆効果になってしまった、という例も多数あります。

もちろん、後からコンテンツを付け足す必要が出てくる場合もありますが、ホームページを作り始める前に必要なコンテンツを考える努力はしておきましょう。

えりー
えりー

あとから付け足しすぎてぐちゃぐちゃになる例は多数見てきたので、本当に、作り始める前によーーーーく考えてくださいね・・・・

必要なコンテンツを考える方法【2STEP】

ホームページに必要なコンテンツは以下の2STEPで考えます。

コンテンツを考える方法2STEP

【STEP1】競合ホームページを調査する
【STEP2】コンテンツを取捨選択する

【STEP1】競合ホームページを調査する

まずは、競合ホームページを調査してみましょう。

Google検索でいくつかの競合ホームページを見て、取り入れられそうなコンテンツをメモしていきます。

【STEP2】コンテンツを取捨選択する

前回考えた目的とターゲットにあわせて、コンテンツを取捨選択しましょう。

時々、『競合ホームページにあるものをすべて取り入れたい』という方もいらっしゃいますが、情報量が無駄に多いホームページはユーザーを迷わせてしまうだけで逆効果です。

もちろん、ユーザーにとって必要な情報が載っていないホームページも不親切です。

ユーザーの立場に立ち、「ユーザーにとって本当に必要な情報か?」をよく考えて、自分のホームページに必要なコンテンツを決定しましょう。

ホームページによくあるコンテンツ一覧

上記にて必要なコンテンツを考える方法を解説しましたが、その際に、下記もぜひ参考にしてみてください。

下記はホームページによくあるコンテンツの一覧です。

  • コンセプト(選ばれる理由、○○とは、○○について、特長)
  • サービス(プラン、メニュー、料金、流れ、商品紹介)
  • お知らせ(インフォメーション、ニュース)
  • ブログ(コラム)
  • 会社概要(運営者情報、プロフィール)
  • アクセス
  • 事業内容
  • 代表メッセージ(ご挨拶)
  • 経営理念
  • スタッフ紹介
  • 採用情報
  • お問い合わせ
  • プライバシーポリシー ※必須
  • 実績(事例)
  • お客様の声
  • よくあるご質問(FAQ、Q&A)
  • ギャラリー
  • SNSへのリンク

※()内の名称は、類似コンテンツの名称です。
※上記はあくまで一例であり、すべてのコンテンツを入れる必要はありません。
※上記はあくまで一例であり、上記以外のコンテンツを入れても構いません。

ほぼすべてのホームページで「プライバシーポリシー」は必須です。基本的には設置するようにしましょう。

特に、お問い合わせやアクセス解析ツールを設置する場合、プライバシーポリシーは必須です。

まとめ:自分のホームページに必要なコンテンツを洗い出してみよう

  • コンテンツは最初の段階でなるべく確定させる
  • コンテンツの考え方は2STEP
コンテンツを考える方法2STEP

【STEP1】競合ホームページを調査する
【STEP2】コンテンツを取捨選択する

ぜひ、上記「ホームページによくあるコンテンツ一覧」も参考にしながら、自分のホームページに必要なコンテンツを検討してみてくださいね。

前回の記事はこちら
【第3回】目的とターゲット(WordPressでホームページを作成する方法)
【第3回】目的とターゲット(WordPressでホームページを作成する方法)

空創デザインオフィスでは、ホームページ制作、WordPress導入、自分でホームページを作りたい方やWebデザイナーになりたい方へのサポートなども承っております。

下記ボタンよりお気軽にお問い合わせください!(お見積りは無料です)

ABOUT ME
えりー
えりー
Web・グラフィックデザイナー / ブロガー
2018年よりフリーランスWeb・グラフィックデザイナー 兼 ブロガーとして活動しています。
都内IT系企業にて研鑽を積んだ後、起業しました。
IT・デザイン業界歴は10年以上。
今までに関わらせていただいたクライアント様は300社以上となります。
ブログでは、自身の経験を元に、Web制作のことや、就職・転職に役立つ情報を発信しています。
error: Content is protected !!
記事URLをコピーしました