BLOG

【簡単】Googleフォームでお問い合わせフォームを作成する方法

kanri
本記事はこんな方にオススメです
  • ホームページにお問い合わせフォームを設置したい方
  • 簡単にフォームを作りたい方
  • Googleフォームの使い方について知りたい方

Googleフォームであれば、簡単かつ無料で、フォームを作成することができます。

えりー
えりー

回答をスプレッドシート(ExcelのGoogle版)に自動で記録させることもできるので、集計がとっても便利です!

回答をスプレッドシート記録させることもできます

今回は、Googleフォームの使い方について解説します。

先にGoogleアカウント(無料)を取得しておく必要があります。

Googleフォームの使い方

1.Googleドライブにアクセスし、[ドライブを開く]をクリック

▼Googleドライブ(別画面で開きます)
https://www.google.com/intl/ja_jp/drive/

GoogleフォームはGoogleドライブ内に保存されるので、先にGoogleドライブを開いておきます。

2.[新規]をクリック

3.[Googleフォーム]をクリック

4.フォーム名を変更

「無題のフォーム」となっているので、フォーム名を変更しましょう。

例:お問い合わせフォーム、応募フォーム、資料請求フォーム、注文フォーム、入力フォーム

フォームの保存は自動で行われます

5.入力項目をクリック

6.項目名を入力し、種類を選ぶ

今回は、下図のようにしました。

入力項目の種類
  • 記述式…短文
  • 段落…長文
  • ラジオボタン…選択肢(複数選択不可
  • チェックボックス…選択肢(複数選択
  • プルダウン…大量の選択肢(複数選択不可) ※例:都道府県

《ラジオボタン、チェックボックス、プルダウンの場合》

選択肢を入力する必要があります。

ラジオボタン、チェックボックスの場合は、「その他」の選択肢を追加することができます。

選択肢は右側の「✕」で削除できます。

7.[必須]の有無を選択

必須入力にするか否かを選択しましょう。

《項目のコピー・削除》
項目のコピー、削除を行えます。

《説明》

[その他のオプション]-[説明]から入力項目の説明を入力できます。

8.新しい項目を追加したい時は、[+]をクリック

9.(メールアドレスを収集する場合)[設定]-[メールアドレスを収集する]をオンにする

回答のコピーを回答者に送信する場合は、[常に表示]を選びます。

メールアドレス収集をオンにすると、下図のように、フォームの一番上にメールアドレスの入力項目が表示されます。

10.プレビューし、テスト送信

目のマークでプレビューを表示できます。

実際に入力し、テスト送信してみましょう。

11.[回答]を確認

「回答」タブを開くと、回答が表示されます。

スプレッドシートに記録する形にすると便利です。

  1. [スプレッドシートにリンク]をクリック
  2. [新しいスプレッドシートを作成]を選択、シート名を入力、[作成]
回答がスプレッドシートに記録されます

12.[送信]-[リンクボタン]をクリックし、[URLを短縮]にチェックし、[コピー]をクリック

これで、フォームのURLを取得できました。

このURLをメールに貼り付けて送信したり、ホームページにリンクを設置したりすることができます。

▼ホームページにリンクを設置する場合のHTMLコード例

1<a href="フォームのURL" target="_blank">お問い合わせフォーム</a>
えりー
えりー

「target=”_blank”」とは、別画面で開くという意味です。Googleフォームからホームページに戻れなくなっても困るので、別画面で開く設定がおすすめです。

Googleフォームのメリット・デメリット

Googleフォームのメリット

  • 無料
  • 簡単、コーディング(プログラミング)不要
  • 回答をスプレッドシートに自動入力させることもできる
  • スマホ対応されている

Googleフォームのデメリット

  • デザインを変更できない
    (色などは多少変更可能)
  • できないことも多い
    (返信メールの文面の変更など)
えりー
えりー

簡単なフォームで良ければ、Googleフォームで十分だと思います。

プログラミングの知識があれば改良も可能ですが、高度な知識が必要なので、ここでは割愛します。

(補足)Googleフォーム以外でフォームを作成する方法

Googleフォーム以外でフォームを作成する場合、以下の方法がおすすめです。

  • Formzu(フォームズ)を利用する
  • WordPressを利用する
  • CGIフォームを利用する

詳しくは、下記記事をご覧ください。

あわせて読みたい
ホームページにお問い合わせフォームを設置する方法【4選】
ホームページにお問い合わせフォームを設置する方法【4選】

まとめ:Googleフォームの使い方のPoint

Googleフォームの使い方のPoint
  • Googleフォームであれば、簡単かつ無料で、フォームを作成することができる
  • GoogleフォームはGoogleドライブに保存される
  • フォームは自動保存される
  • メールアドレスを収集する場合は、[設定]-[メールアドレスを収集する]をオンにする
  • スプレッドシートに回答を記録することも可能
Googleフォームのメリット
  • 無料
  • 簡単、コーディング(プログラミング)不要
  • 回答をスプレッドシートに自動入力させることもできる
  • スマホ対応されている
Googleフォームのデメリット
  • デザインを変更できない
    (色などは多少変更可能)
  • できないことも多い
    (返信メールの文面の変更など)

Googleフォームなら誰でも簡単にフォームを作成することができるので、色々な場面で活用できると思います!

空創デザインオフィスでは、お問い合わせ・注文フォーム、その他入力フォームについてのご相談も承っております。

Googleフォームの作成・設置代行も可能です。

下記ボタンよりお気軽にお問い合わせください!(お見積りは無料です)

ABOUT ME
えりー
えりー
Web・グラフィックデザイナー / ブロガー
フリーランスWeb・グラフィックデザイナー 兼 ブロガーとして活動しています。
就職活動に苦戦 → ブラック企業に就職 → ホワイト企業に転職 → 起業
自身の経験を元に、Webやデザインのこと、転職・就職のことなどを発信していきます。
error: Content is protected !!
記事URLをコピーしました