BLOG

Webデザイナーのリアルな年収を公開(正社員・契約社員・派遣・アルバイト時代)

kanri
本記事はこんな方にオススメです
  • 未経験からWebデザイナーに転職・就職したい方
  • Webデザイナー初心者の方
  • 副業Webデザイナーになりたい方

私は、正社員・契約社員・派遣・アルバイト(パート)のそれぞれの雇用形態でWebデザイナーをしていた経験があります。

今回は、

  • 私が正社員Webデザイナーをしていた時の年収
  • 私が契約社員・派遣・アルバイト(パート)Webデザイナーをしていた時の年収

を公開します!

私が実際に行った「Webデザイナーが年収を上げる方法」もご紹介していますので、ぜひ最後までご覧ください。

私が正社員Webデザイナーをしていた時の年収

正社員Webデザイナー時代の年収

年収300万円程度

私は2社で正社員Webデザイナーとして働いた経験がありますが、いずれも年収300万円程度でした。

1社目はブラック企業で毎日終電だったので、労働時間を考慮するともっともらえても良いのになぁ…という感じでした。ちなみに、IT業界ではない企業で、大手企業でした。

えりー
えりー

時給換算するとアルバイト(パート)のほうが全然良い…

2社目はホワイト企業で、残業はほぼなくノンストレスでしたが、年収はブラック企業時代とあまり変わりませんでした。

えりー
えりー

『楽しくゆるく働けているからまぁいいか』という感じでした。

会社によりけりですが、Webデザイナーの年収は大体300万円~500万円程度です。

私が契約社員・派遣・アルバイト(パート)Webデザイナーをしていた時の年収

契約社員・派遣・アルバイト(パート)Webデザイナー時代の年収

年収400万円程度

私は正社員だけでなく、契約社員・派遣・アルバイトWebデザイナーをしていた時期もあります。

この時期の年収は400万円程度でした。

えりー
えりー

正社員時代より年収が高い!

いくつか掛け持ちをして働いていたのですが、特に派遣は給料が良いため、正社員時代よりも多く稼ぐことができました。

基本的に働いた時間数だけ給料がもらえるため、休んでしまうと給料がゼロになってしまうことが不安材料ではありましたが、逆に言えば、『働いた分だけちゃんとお金がもらえる』ということです。

えりー
えりー

ブラック企業でサービス残業するより全然良いですよね

頑張れば頑張るだけ給料がもらえるので、派遣Webデザイナーを掛け持ちすれば、月収40~50万円程度稼ぐことも可能です。(かなりハードですけどね…)

正社員のほうが安定はしていますが、『正社員=給料が良い』という方程式が成り立たないこともある、ということはぜひ知っておいていただきたいです。

Webデザイナーの年収は年齢層・学歴・性別ではあまり変わらない

Webデザイナーの年収は、年齢層・学歴・性別でもあまり変わることはありません。

IT業界は技術力で判断されるからです。

年齢に比例して年収が大きく上がることはあまりありませんが、逆に言えば、Webデザイナーは何歳からでもチャレンジできるということです!

えりー
えりー

フリーランスであれば、100歳からでもチャレンジできますよ

『私は高卒だから…』と学歴を気にされる方もいらっしゃいますが、Webデザイナーの場合、学歴で判断されることも殆どありません。

また、性別による年収差もあまりありません。

人数的には女性のほうが多いため、比較的女性が働きやすい職場が多いです。

えりー
えりー

私はブラック企業時代に女性差別を受けた経験があるので、一概には言えませんが…

Webデザイナーは、

  • 30代・40代・50代以上の方
  • 高卒の方
  • 女性の方

にもおすすめの職種です。

えりー
えりー

主婦(夫)の方もチャレンジしやすいと思います。

Webデザイナーが年収を上げる方法【3STEP】

ここからは、私が実際にやってみたWebデザイナーが年収を上げる方法を3STEPでご紹介したいと思います。

Webデザイナーが年収を上げる方法【3STEP】
  • 【STEP1】技術力を上げる
  • 【STEP2】副業する
  • 【STEP3】フリーランスになる(独立する)

【STEP1】技術力を上げる

前述の通り、Webデザイナーは技術力で収入が変わることが多いです。

まずは、とにかく技術力を上げましょう!

Webデザイナーにおすすめのスキルは以下のとおりです。(コーディング・デザインスキルを身につけた後)

Webデザイナーにおすすめのスキル
  • WordPress
  • PHP
  • アクセス解析(GoogleAnalytics 等)
  • Webマーケティング(SEO対策 等)
  • グラフィックデザイン(紙媒体のデザイン)
  • ライティング

ただ私の場合は、技術力を上げても、会社内での給料が大きく上がることはありませんでした。

そこで、2番目の方法です。

【STEP2】副業する

会社の給料だけだとちょっとキツイ場合は、ぜひ副業をしましょう。

IT業界の場合、副業がOKの会社が多いです。

会社員Webデザイナーが副業した場合、月2~10万円くらいは稼ぐことが可能です。(頑張れば20万円以上も!)

副業をするなら、最初はクラウドソーシングがおすすめです。主要クラウドソーシングサービスは以下のとおりです。

主要クラウドソーシングサービス
  • クラウドワークス(https://crowdworks.jp/)
  • ランサーズ(https://www.lancers.jp/)
  • ココナラ(https://coconala.com/)
えりー
えりー

まずは、コンペ形式にチャレンジするのがおすすめです!

《コンペ形式とは》
募集内容に対して制作物の提案を行う形式。

提案が採用されれば、報酬を得ることができます。

コンペ形式は採用されなければお金になりませんが、初心者でも気軽にチャレンジできるので、スキルアップに繋がりやすいです。

実績ができてきたら、コンペ以外の仕事にもチャレンジしてみましょう。

そして、副業をしてお金を稼ぎながらスキルアップしたら、最後のステップです!

【STEP3】フリーランスになる(独立する)

Webデザイナーで年収をUPさせたいのであれば、最終的にはフリーランスを目指すのがおすすめです。

特に、Webデザイナーは独立・起業しやすい職種です。

もちろん、独立・起業せずに、会社員として働き続ける道もあります。

会社によっては、職種変更したり、管理職になったりすることで、給料を上げることも可能ですし、道は一つではありません。

ただ、WebデザイナーからWebプログラマーやWebディレクター等に職種変更すると仕事内容も変わってしまいますし、管理職になると責任も重くなります。

えりー
えりー

私はデザインをし続けたいと思ったので、職種変更はしませんでした。管理職をしていたこともありますが、大変でした…

また、会社を転職するのも良いですが、会社員として働いている以上は、どんなにホワイト企業であってもある程度の制約があり、年収にも上限があります。

一方で、フリーランスWebデザイナーであれば大変な面もありますが、年収1000万円以上を目指すことも可能です。

フリーランスにならなくても、『技術力を上げる→副業する』を繰り返していると色々な道がひらけてくるので、腐らずコツコツとスキルを磨いていきましょう。

まとめ:Webデザイナーが年収UPするには、まずは技術力を磨くこと!

正社員Webデザイナー時代の年収

年収300万円程度

契約社員・派遣・アルバイト(パート)Webデザイナー時代の年収

年収400万円程度

雇用形態年齢層・学歴・性別で年収が変わることはあまりありません。

Webデザイナーが年収を上げるためのおすすめの方法は、以下のとおりです。

Webデザイナーが年収を上げる方法【3STEP】
  • 【STEP1】技術力を上げる
  • 【STEP2】副業する
  • 【STEP3】フリーランスになる(独立する)

Webデザイナーの年収は他の職種と比較するとそれほど高いほうではありませんが、色々な可能性がある職種です。

フリーランスになって高い年収を目指すも良し、いろいろな会社に転職するも良し、副業するも良し。

えりー
えりー

自由度が高いところが魅力の一つですね!

兎にも角にも、年収UPを狙うなら、まずは技術力を磨くことが大切です!

ABOUT ME
えりー
えりー
Web・グラフィックデザイナー / ブロガー
2018年よりフリーランスWeb・グラフィックデザイナー 兼 ブロガーとして活動しています。
都内IT系企業にて研鑽を積んだ後、起業しました。
IT・デザイン業界歴は10年以上。
今までに関わらせていただいたクライアント様は300社以上となります。
ブログでは、自身の経験を元に、Web制作のことや、就職・転職に役立つ情報を発信しています。
error: Content is protected !!
記事URLをコピーしました