BLOG

AIが発達した今、Webデザイナーに求められることは●●

kanri
本記事はこんな方にオススメです

未経験からWebデザイナーに転職・就職したい方

2023年にはChatGPTが話題になり、近年は「AIに仕事が奪われてしまうのではないか?」「Webデザイナーに将来性はあるのか?」など、多くの心配する声も上がっているようです。

AIが発達し続けている今日、Webデザイナーに求められることは何でしょうか。

今回は、現役Webデザイナーの視点から、AIとWebデザインの仕事についてお話ししたいと思います。

AIが発達した今、Webデザイナーに求められることは●●

最初に結論からお伝えすると、

AIが発達した今、Webデザイナーに求められることは

『人間味(にんげんみ)』

であると私は考えます。

『人間味』について辞書で調べると、次のように書かれていました。

人間としての豊かな情緒。また、人間らしい思いやりや、やさしさ人情味。「—にあふれた人」

goo辞書「人間味(にんげんみ)とは?」
https://dictionary.goo.ne.jp/word/%E4%BA%BA%E9%96%93%E5%91%B3/

「人間味」は「人情」という言葉にも言い換えることができます。

「人情」なんて言うと、もしかすると『ちょっと古臭い』と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが。

えりー
えりー

「人情」という言葉は、日本人らしくて、個人的には大好きです!

AIが発達した今だからこそ、Webデザイナー(やそれ以外の仕事をする人)に求められることは、人間味(人情)であると私は思います。

この人間味(人情)とは、具体的には、

  • 誠心誠意クライアント様に接し、真心を込めて仕事に打ち込む
  • 仕事においても人間としての思いやり、やさしさを大切にする
  • 仕事においても人間として正しいかを基準に判断する

ということだと私は定義しています。

人間味(人情)は、たとえAIが無くても大事なことではありますが、今後ますます必要とされていくのではないかと思います。

このように考えるようになったきっかけは、クライアント様の言葉でした

ある時、以前ご依頼いただいたクライアント様から、2年ぶりくらいにご連絡をいただきました。

その際、このクライアント様は

「またあなたに依頼したいと思って、ご連絡しました!」

と仰ってくださいました。

えりー
えりー

こう仰っていただけるのは、本当にありがたいですね!励みになります!

当方のクライアント様(特にお得意様)は、技術力で当方を選んでいただいているというよりは、人で当方を選んでいただいている方が多いように感じています。

もちろん、適正価格で、かつ、最良のサービスを提供するように、日々心がけております。

ただそれ以上に、「なにをしてもらいたいか(値段やサービス)」より「誰にやってもらいたいか」という視点で、当方を選んでくださるクライアント様が多いように思います。

今後もAIは発達し、ますます私達の身近なものになっていくと予想されます。

そういった時代においては、「なにをしてもらいたいか」よりも、

「誰に」やってもらいたいか。

この「誰に」という部分が、どの業種・サービスにおいても、重要視されていくのではないかと思います。

AIをWeb制作に活用することも大切!

『人間味』を大切に、Webデザイナーとして誠実に仕事を行っていくのはもちろんのこと、AIをWeb制作に活用し、AIと共存・共栄していくことも大切だと思います。

現時点では、Web制作の全ての過程をAIに丸投げでやってもらうことは難しいですが、AIに指示を出して仕事の一部をやってもらうことは可能です。

Web制作において、ある程度AIに任せられる部分

Web制作におけるAIの具体的な活用方法としては、

  • コーディング(プログラミング)
  • 文章執筆、添削
  • 書類作成

などが挙げられます。

上記は、ある程度、AIに任せることが可能です。

特に、コーディング(プログラミング)の分野におけるAIの進歩は目覚ましいものがあるので、どんどん活用していきましょう!

ただ、AIが制作したものをチェックして、必要に応じて修正する必要はあるので、丸投げは出来ません。

Web制作において、人間でないと難しい部分

AIを活用して作業時間を短縮し、その分空いた時間は、

  • クライアント様の思いを汲み取ること
  • クライアント様とのやり取り
  • デザイン
  • AIが作成したコードや文章などのチェック、修正

など、人間でないと難しいことに充てるのが良いと思います。

AIを扱う人間(Webデザイナー)がスキルアップする必要もある

人間(Webデザイナー)がAIに仕事を任せるためには、AIに指示を出せるだけの知識・スキルがなくてはなりません。

クライアント様の思いを汲み取った上で、AIが作ったコード(プログラム)や文章を人の手で改良する、といった作業も必要です。

そのため、AIを扱う人間(Webデザイナー)がスキルアップし続けることも非常に重要です。

AIでコーディング(プログラミング)したり、文章を作成したりすることも出来るとは言え、HTMLやCSSなどを学ぶことや、文章力を付けることも、Webデザイナーになるためには必要不可欠です。

えりー
えりー

ソクラテスが言う「無知の知」(=知らないということを知っている)の精神で、学び続けることが大切です!

まとめ:AIが発達しても、Webデザイナーに将来性はある!

AIが発達しても、Webデザイナーという仕事はなくなりません。将来性は十分にあるので、その点は安心してください!

ただ、今後はより一層『人間味(人情)』が求められる時代になっていくと思います。

えりー
えりー

私は仕事において、「人情の機微を知ること」を大切にしています

人間の心というものは、なかなか理屈では割り切れない。理論的には、こうしたらいい、こういうことが望ましいと考えられても、人心はむしろその反対に動くということもあろう。一面まことに厄介といえば厄介だが、しかしやはり、ある種の方向というか、法則的なものがあるとも考えられる。そうしたものをある程度体得できるということが、人情の機微を知るということになるのだと思う。

人情の機微を知る~松下幸之助「人を育てる心得」|PHP人材開発
https://hrd.php.co.jp/executive/articles/post-837.php

AIは理屈で動きますが、人間の心はなかなか理屈では割り切れない。

そこに、人間ならではの可能性、人間にしかできないことがあると思います。

AIを仕事に活用しながら、人間は人間にしか出来ないことをやっていく。

AIに指示を出せるだけのスキルも身につける。

こういった姿勢が、AI台頭の時代に生き残っていくためには必要だと感じています。

空創デザインオフィスでは、誠心誠意クライアント様に対応し、真心を込めた『人間味』のあるサービスを提供しております!

ホームページ制作の他、Webデザイナーを目指している方へのサポートなども行っておりますので、下記よりお気軽にお問い合わせください!

ABOUT ME
えりー
えりー
Web・グラフィックデザイナー / ブロガー
2018年よりフリーランスWeb・グラフィックデザイナー 兼 ブロガーとして活動しています。
都内IT系企業にて研鑽を積んだ後、起業しました。
IT・デザイン業界歴は10年以上。
今までに関わらせていただいたクライアント様は300社以上となります。
ブログでは、自身の経験を元に、Web制作のことや、就職・転職に役立つ情報を発信しています。
error: Content is protected !!
記事URLをコピーしました