Web制作

もう迷わない!ホームページで引用する時の書き方

ホームページ 引用

『他ホームページを引用したいけれど、どうやって書けばいいの?』
とお悩みではありませんか?

この記事では、ホームページやブログ上での引用の書き方、注意点について、わかりやすく解説します。

ホームページで引用する際の書き方

まずは結論から。

ホームページやブログで、他ホームページ等を引用したい時は、次のように書きましょう。

(注5)引用における注意事項
他人の著作物を自分の著作物の中に取り込む場合,すなわち引用を行う場合,一般的には,以下の事項に注意しなければなりません。

(1)他人の著作物を引用する必然性があること。
(2)かぎ括弧をつけるなど,自分の著作物と引用部分とが区別されていること。
(3)自分の著作物と引用する著作物との主従関係が明確であること(自分の著作物が主体)。
(4)出所の明示がなされていること。(第48条)
(参照:最判昭和55年3月28日 「パロディー事件」)

出典:著作物が自由に使える場合 | 文化庁

上記は文章の引用例ですが、画像(図)の場合も同じように記載してください。

引用する際のポイントは次の4点です。

  • 引用部分を「”」等で囲うこと
  • 出典を明記すること
    (引用元がホームページの場合は、別ウィンドウで開くリンクを張ってあげると親切です。)
  • ページ全部が引用というのはNG!
  • (任意)更新日とアクセス日を書くとより親切

もう少し詳しく解説しますね。

引用の書き方のポイント1.引用部分を「”」等で囲うこと

引用だとわかるように「”」等で囲って、他の部分と明らかに区別するようにしてください。

HTMLタグでは、引用部分は<blockquote>~</blockquote>で囲います。

引用の書き方のポイント2.出典を明記すること

「出典:ページタイトル」というように、出典を明記しましょう。

別ウィンドウで開くリンクを張ってあげると親切です。

HTMLタグでは、次のように書きます。
出典:<a href=”ここにURLを入れる” target=”_blank” rel=”noopener”>ページタイトル</a>

あとは、出典を右寄せにしてあげると、よりわかりやすくなるのでオススメです。
下記のように、<p style=”text-align: right;”>~</p>で囲うと右寄せになります。

↓記載例
<p style=”text-align: right;”>出典:<a href=”https://www.bunka.go.jp/seisaku/chosakuken/seidokaisetsu/gaiyo/chosakubutsu_jiyu.html” target=”_blank” rel=”noopener”>著作物が自由に使える場合 | 文化庁</a></p>

引用の書き方のポイント3.ページ全体が引用というのはNG!

あくまで、自分の著作物が主体でなければならないので、ページ全体が引用というのはNGです。

引用の書き方のポイント4.更新日とアクセス日を書くとより親切

必須ではありませんが、「出典:ページタイトル(更新日:2021/00/00、アクセス日:2021/00/00)」という感じで、もしわかれば引用元ページの更新日と、自分がアクセスした日を記載するとより親切です。

著作権違反にならないために!引用する際の注意点

引用部分の改変・加工はNG

引用部分の文章を改変したり、画像を加工するのはNGです。そのままの形で掲載するようにしましょう。

引用の引用にならないように注意

引用の引用にならないように確認してから記載しましょう。

転載にならないように注意

きちんとルールを守って引用をする分には問題ありませんが、他ホームページの文章や画像、Google画像検索で検索した画像等を引用の範囲を超えて勝手に使うと、引用ではなく転載となり、著作権違反になるので注意しましょう。

例えば、他のホームページの文章を自分のホームページにコピペして、コピペしたことがバレないようにちょっと文章を変えて記載する・・・なんて行為は法律違反になるので絶対にやめましょう。

引用の仕方についての気になるあれこれ

その他、引用の仕方についてのいろいろな疑問にお答えします。

SNSの埋め込みはそのまましてOK

Twitter、Instagram等のSNSの投稿を埋め込む場合は、引用元の記載や発信者への許可は基本的に不要です。そのまま埋め込んでいただいて大丈夫です。

公的機関が公開している資料は転載OK

自治体や政府など公的機関が公開している資料はそのまま転載可能です。

まとめ:ルールを守って正しく引用しよう!

他のホームページを引用する時には、下記のルールを守って引用しましょう。

  • 引用部分を「”」等で囲うこと
  • 出典を明記すること
    (引用元がホームページの場合は、別ウィンドウで開くリンクを張ってあげると親切です。)
  • ページ全部が引用というのはNG!
  • (任意)更新日とアクセス日を書くとより親切

なお、引用のルールを守っても、稀にトラブルに発展することもあります。

心配な場合は、フリー素材で代用したり、引用をしたいホームページに許可を取ることをおすすめします。

一番安心なのはやっぱり法律の専門家に相談することですが、実際にそこまでしている方はあまりいらっしゃらない印象です。

ホームページを作成する際には、上記のような著作権の問題など、色々と守らなければいけないルールがあります。

当方では、そのようなルールに則ったホームページ作成やリニューアルも承っておりますので、下記までお気軽にご相談ください。

お問い合わせ