Web制作

【最短5秒】ホームページのURLをQRコードに変換する方法

ホームページ QRコード

チラシや名刺などにホームページのQRコードを入れれば、わざわざURLを打ち込まなくても、スマホで簡単にホームページにアクセスすることができます。

今回は、QRコードの作り方、QRコードの使い所、QRコードを使う際の4つのポイントについて解説いたします。

最短5秒で作れる!QRコードの作り方

下記の方法だと、最短5秒(私が実際に作成して時間を計りました)でQRコードを作ることが出来ました。時間はあくまで目安ですが、慣れていない方でも数分あれば作れると思いますので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

STEP1.「QRのススメ」https://qr.quel.jp/にアクセス

https://qr.quel.jp/

「QRのススメ」は無料で使えるQRコード作成サイトです。

STEP2.URLを入力して[OK]をクリック

※URLは間違い防止のため、手打ちではなくコピペで入れるようにしましょう。

STEP3.[ダウンロードする]をクリック

これでQRコードがパソコンにダウンロードできます。

この画面上でサイズなどを変更することも可能です。

※(補足)ファイル形式のEPSとは、Adobe IllustratorやPhotoshopで使える形式のこと。

QRコードの使い所

QRコードは色々なところで活躍しますが、ここではオススメの活用方法をご紹介しますね。

1.名刺にホームページのQRコードを入れる

名刺にホームページのQRコードを入れると、名刺を受け取った人がスマホですぐにホームページにアクセスできるのでおすすめです。

2.チラシやパンフレットにホームページのQRコードを入れる

チラシやパンフレットにもQRコードを入れましょう。QRコードを入れる場所は、帯(一般的にはチラシの一番下)がおすすめです。

3.GoogleマップをQRコードにする

店舗を経営している場合などで所在地が重要な場合は、GoogleマップのURLをQRコード化してチラシ等に入れるのもおすすめです。こうすると、スマホでQRコードを読み取ればGoogleマップが立ち上がります。

Googleマップのリンクを取得する方法は下記記事をご覧ください。
関連記事:ホームページにGoogleマップを埋め込んでオシャレに表示する方法

4.SNSをQRコードにする

SNSのURLをQRコードにするのもおすすめです。名刺やチラシに掲載するもの良いですし、店舗を経営している場合は、レジ横などにQRコードを掲載した紙を貼っておけば、SNSのフォロワー増加にも繋がります。

QRコードを使う際の4つのポイント

QRコードを名刺やチラシなどに使う際にはいくつか注意点があるので、確認しておきましょう。

1.小さくなりすぎないように注意

QRコードは小さすぎると読み取れないので、特に名刺などの小さな媒体に入れる際は注意しましょう。

2.QRコードの上に他の画像や文字が被らないように注意

QRコードの上に他の画像や文字があると読み取れなくなってしまうので、被らないように注意しましょう。

3.何のQRコードなのかを記載する

「ホームページはこちら」「動画はこちら」など、QRコードの上などに注釈を記載しましょう。

4.必ずスマホでQRコードをチェックする

QRコードのURLが間違っていないか、ちゃんと読み取れるかを実際にスマホでチェックしましょう。

まとめ:ホームページのQRコードを作ってチラシや名刺等に入れてみよう!

QRコードは下記方法で簡単に作成することができます。

《QRコードの作り方》
STEP1.「QRのススメ」https://qr.quel.jp/にアクセス
STEP2.URLを入力して[OK]をクリック
STEP3.[ダウンロードする]をクリック

ダウンロードしたQRコードをチラシや名刺等に入れてみましょう。

当方では、ホームページやチラシ、名刺等の紙媒体のデザインも承っておりますので、下記よりお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ