BLOG

WordPressのホームページにアーカイブを追加する方法(コーディング不要)

kanri
本記事はこんな方にオススメです
  • ホームページの「アーカイブ」って何?という方
  • WordPressのホームページを運用している or 運用予定の方
  • WordPressにアーカイブページへのリンクを設置したい方
  • WordPressでブログやコラムを積極的に投稿している方

今回は、WordPressのホームページにアーカイブページへのリンクを設置する方法について解説します。

HTMLなどのコーディングは不要で、管理画面から簡単にリンクを設置することができます。

『そもそも、アーカイブって何?』という方もぜひご覧ください。

本記事はWordPress初心者向けの内容です。

WordPressのテーマを自作してアーカイブページを追加したり、カスタマイズする方法の解説ではないので、予めご了承ください。

(テーマ自作方法については、また別の機会に解説予定です。)

WordPressのホームページにおける「アーカイブ」とは

WordPressのホームページにおける「アーカイブ」とは、過去の投稿記事のことを指します。

具体的には、年・月・週・日付別の投稿記事一覧ページのことです。

ブログやコラム中心のホームページの場合は、アーカイブを設置しておくと過去投稿記事を閲覧しやすくなります。

投稿記事数を表示することもできるので、『この月は頑張って書いたな~』などとその期間に書いた投稿記事数を確認するためにも使えます。

えりー
えりー

元々、アーカイブは「保存記録」という意味の英単語です。

WordPressのホームページに「アーカイブ」を追加する方法

WordPressのホームページに「アーカイブ」を追加するためには、ウィジェットを使います。

1.[外観]-[ウィジェット]をクリック

2.追加したい場所の[+]マークをクリック

上図の例ではサイドバーに追加していますが、お好きな場所に追加していただいて大丈夫です。

ただ、ホームページを長く運用しているとアーカイブも長くなりがちなので、サイドバーに追加するのが一番おすすめです。

3.「アーカイブ」と検索し、[アーカイブ]をクリック

今回は、「アーカイブ」と検索して探していますが、[すべて表示]から探してもどちらでも構いません。

↓下図のようにウィジェットに追加されます。(見た目はテーマによって異なります)

4.(必要に応じて)歯車のマークをクリックし、[ブロック]タブで各種設定を行う

右上にある歯車のマークをクリックし、[ブロック]タブから各種設定を行うことができます。

  • ドロップダウンで表示 …アーカイブが長い場合はおすすめ
  • 投稿数を表示
  • グループ化 …年・月・週・日別が選べます
えりー
えりー

グループ化は「月」が一般的だと思います。投稿数の表示はお好みで大丈夫です。

5.(必要に応じて)見出しを付ける

「+」マークから見出しを選び、「アーカイブ」や「ARCHIVES」などといった見出しをつけておくとさらにわかりやすくなります。

上下の移動は矢印ボタンで行えます。

6.[更新]をクリック

設定が完了したら、右上の[更新]ボタンをクリックして完了です。

ホームページを表示してアーカイブが表示されているかチェックしてみましょう。

まとめ:ブログやコラム中心のホームページの場合はアーカイブ設置を検討してみよう

WordPressのホームページにおける「アーカイブ」とは、年・月・週・日付別の投稿記事一覧ページのことを指します。

ブログやコラム中心のホームページの場合は、アーカイブページへのリンクを設置しておくと、過去投稿記事を探しやすくなります。

回遊率(ユーザーがホームページ内を見て回ってくれる率)もUPするかもしれません。

アーカイブページのリンクは、WordPressのウィジェットを使って追加します。追加方法については、上記をご参照ください。

空創デザインオフィスでは、ホームページ制作・リニューアル、自分でホームページを作りたい方へのサポートなども承っております。

下記ボタンよりお気軽にお問い合わせください!(お見積りは無料です)

ABOUT ME
えりー
えりー
Web・グラフィックデザイナー / ブロガー
2018年よりフリーランスWeb・グラフィックデザイナー 兼 ブロガーとして活動しています。
都内IT系企業にて研鑽を積んだ後、起業しました。
IT・デザイン業界歴は10年以上。
今までに関わらせていただいたクライアント様は300社以上となります。
ブログでは、自身の経験を元に、Web制作のことや、就職・転職に役立つ情報を発信しています。
error: Content is protected !!
記事URLをコピーしました